カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
新しい記事
カテゴリ
ごあいさつ
マツバラです。
コメントは書き込めないようになっているので、こちらからどうぞ。

マツバラアンテナ
マツバラツイッター
リンク
フミンフキュウ.
ホームページです

2次元ラジオ
しゃべっています

モバイル
qrcode

フミン・ブログ

「フミンフキュウ.」のブログです。
<< 著者オナニーの話 | main | 見ているテレビ(2018年1月現在) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
長崎バイオパークめちゃくちゃ最高

むちゃくちゃな山奥に急にある

 

 5月8日〜10日に長崎へ行ってきました。

 1日目はハウステンボスに行ったのですが、それについてはまた後日書くとして、2日目に行った長崎バイオパークについて先に書こうと思います。なぜ先に書くのかというと、めちゃくちゃ最高だったからです。

 バイオパークがとにかく動物と触れ合えるという話は数年前からテレビやネットで見聞きしていて、ずっと行きたいと思っていたのですが、何しろアクセスが悪い場所にあるのでなかなか行けずにいました。今回、ミサワさんの月刊連載が終わった打ち上げとしてこの旅行を企画し、念願叶って訪れることができたわけです。雨が降ったりやんだり土砂降ったり強風が吹いたりとむっちゃくちゃな空模様だったにも関わらず、最高という言葉では足りないくらい最高でした。動物が好きな人には絶対に行ってほしい! あと、動物はそれほどでもない人でも遺跡とか荒廃した世界観とかが好きな人にもぜひ行ってほしい。山を切り開いてちょっとだけ人工物を建てさせてもらいました、という感じの園内の雰囲気が本当によくて、動物目当てで行ったのに撮った写真の3分の1は風景でした。

 写真も動画も撮りまくったので、ざざっとご紹介。(動画からキャプチャしたあら目の画像も混ざっています)

 

ゲート前にいきなりいるラマ

 

いきなり袖をはむはむされるミサワ

 

もう行くのか、と言わんばかりにずっと見てくる

 

入園してすぐの場所 遺跡みたいでかっこよすぎる・・・!

 

階段の上に見えているのはドーム型の温室 ジュラシックパークみたいでテンションがあがる

 

苔とツタに覆われた最高の木

 

こんなにちょうどよく苔むすことってある?

 

温室の中

 

ドームの天井

 

鬱蒼具合が絶妙

 

プレーリードッグ(餌やり可) 近くに投げ落とすと拾って両手に持って食べてくれる

 

でっかい魚もいる 上の方にいるピラルクは体長150cm

 

もつれ合っているワオキツネザルたち

 

カバ(餌やり可)

 

餌やりはカバが口を開けた時にキャベツを投げ込むスタイル

 

ベテランのカバは下顎を柵に乗せて楽をしていた

 

サボテンまみれの丘もある

 

丘の上からラマが見てくる(中央やや左)

 

コツメカワウソ(餌やりタイムのみ餌やり可) 筒の中に餌を入れると濡れた小さい手がひったくっていく

 

餌やりタイム終了後もねだりまくるカワウソ キューキュー鳴く

 

アカハナグマ(餌やり可) 餌を買っただけでもう集まってくる

 

手渡しできる

 

ぶら下がれる子もいる

 

楽しくて笑いが止まらないミサワさん

 

キリンに何も持っていない手を伸ばすと・・・

 

気になって舐めてくる 本当にここの動物たちは人を怖がらない

 

ダチョウも気になって近づいてくる

 

顔を横にしてガン見してくる

 

レッサーパンダは白目をむいて寝ていた

 

お団子になって暖を取るアライグマたち(餌やり可)

 

ガラス(アクリル?)に隙間があいていて、そこから餌を落とすスタイル

 

餌はこういうガチャガチャで売っている

 

買った途端集まってくるアライグマたち

 

神様みたいに崇めてくれる

 

餌台で雨宿りしちゃってるヤギ

 

猫みたいなポーズで座っているマレーバクたち

 

何も持っていないのにまたもらえると思って来ちゃったアカハナグマ

 

カピバラエリアに入ったところ

 

触れる(餌やり可)

 

いっぱいいる

 

いっしょに雨宿りできる

 

濡れても平気な子もいる

 

とにかく雰囲気がいい

 

ぐいぐいくるヤギたち(餌やり可)

 

濡れたくないヤギたち

 

園内の至るところに手洗い場があるので動物を触ってどろどろになっても大丈夫

 

フラミンゴエリア(餌やり可)

 

色が濃い子たちは警戒心が薄い

 

アメリカビーバーたち 泳ぎまくる子と変な格好で寝ている子

 

オオカンガルーエリア(餌やり可)

 

買うところをじっと見ていたこの子に・・・

 

けっこうなパワーで襲われたミサワさん

 

ビショビショの子

 

まだ小さい子

 

空になったカプセルを舐める子

 

自然がものすごい

 

リスザルエリアの手前には注意書きがたくさん貼ってある(餌やり可)

 

不安になってきているミサワさん

 

リスザルのエリアに雑にいるクジャク

 

餌を買ってすぐ両肩に乗ってくるリスザルたち

 

信じられないくらい軽い

 

ほんとにもうないのか確認するリスザル

 

乗ってくる子もいれば、指をつかんで引き寄せて食べる子もいる

 

マーラたち(餌やり可) ウサギとカピバラの中間みたいな動物 かわいい

 

餌カプセルを持っている手をクロキツネザルにこじ開けられそうになっているミサワさん(餌やり可)

 

餌をもらえず、ミサワさんの足を噛むクロキツネザル

 

餌を持っていないことを何度も確認してくる(クロキツネザルって名前だけどメスはこの色)

 

撫でられてゴキゲンなタイハクオオム

 

ひんやりしているイグアナ

 

 以上! ほぼ登山みたいな坂道の多さなので、体力があるうちにぜひとも行ってみてください。私たちは秋の晴れた日にまた行く予定です。

 

 

 

| 旅行 | 19:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:33 | - | - |