カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
新しい記事
カテゴリ
ごあいさつ
 マツバラです。
 コメントは書き込めないようになっているので、こちらからどうぞ。

マツバラアンテナ
マツバラツイッター
お仕事
リンク
フミンフキュウ.
自宅です

2次元ラジオ
しゃべってます

モバイル
qrcode

フミン・ブログ

「フミンフキュウ.」のブログです。
<< 連載4回目 | main | 中間報告2 >>
最近見たいろいろ

『ケイゾク』
『ケイゾク 特別篇 PHANTOM』
ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer
 迷宮入りした事件を扱う部署に配属された天才女性刑事・柴田の活躍を描いたシリーズ。ずっと見たかったのにいつ見ても貸し出し中でなかなか借りられなかったんだけど、ついに一切合切見られました。で、すんごいよかった! ちょっと真山が好きすぎてどうかなりそうだった。滑舌悪くてまったく聞き取れないセリフとかあったけど、そこが好き。柴田も大変好きなので、なんかもうニヤニヤが止まらなかった。二人が同棲したら、ぶつぶつ文句言いながら真山が柴田の頭洗ってやるんだろうなー、とか思うとほんとジタバタしてしまう。音楽も好きだったなー。

『リミット』
 何者かに襲撃され、棺に入れられた状態で地中に埋められた男が、携帯電話を駆使してどうにか脱出しようとする話。狭い棺の中を舞台に話が進んでいくんだけど、見せ方がうまくて、見ている方もものすごい閉塞感と焦燥感におそわれる。1本の映画でこんなに何度も絶望させられるとは思わなかった。閉所恐怖症の人は見ないほうがいいです。たぶん途中で発狂する。

『キック・アス』
 スーパーヒーローにあこがれているさえない少年・デイヴが、「誰もやらないなら自分がヒーローになろう!」と、オリジナルのコスチュームを身につけ、ヒーロー“キック・アス”として人助けを始める。何の特殊能力もないデイヴは、初出動時に不良に刺された挙げ句車にひかれ、全治半年の重傷を負う。退院後、めげずに町へ出たデイヴは、暴漢におそわれている人をかばってボコボコにされる。それを携帯で撮影していた見物人がYouTubeにアップしたことで、キック・アスは一躍世間のヒーローになって・・・・というお話。
 『リミット』を見に言った時にこれの予告も流れていて、おもしろそうだなー、と思ってたら、ラジオで伊集院光さんが、「めちゃくちゃおもしろかった」と言っていたので、そいつは見に行かなきゃ! とすぐ見に行った。いやー、2010年に見た映画の中でいちばんおもしろかった! もう、すげー馬鹿! でも序盤の主人公ががんばるところでは泣いた。ああいうのに弱い。短い映画じゃないのに、すぐ終わっちゃったみたいに感じた。とにかく爽快な映画で、帰り道に思わず歩幅が広くなっちゃうというか、ワクワク感が持続するというか、気分の高揚がすごかった。そういや、『スクール・オブ・ロック』見た帰りもこんな感じだった。ぜひとも見ていただきたい1本!

『相棒 劇場版2 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』
 ドラマの『相棒』を見ていたら、劇場版に続く! 的な終わり方をしたので、まんまと見に行ってしまった。タイトルと内容が全然合致しないけど、おもしろかった。劇中でめちゃくちゃショックなことが起きちゃったので、今後相棒がどうなっていくのか不安。ネタバレはしませんが、本当にショック。お正月のスペシャル(テレビ版)でこの件に一切触れなかったことも、なんかショックだった。公開中だから仕方ないのか・・・・。そういや、冒頭に結構長めのシャワーシーンがあります。神戸さんと大河内さんの。誰に対するサービスだよ! いや、食い入るように見たけども!
 あと、これは映画のおもしろさとは関係ないことなんですが、この話、映画にする意味はあったんだろうか・・・・と。相棒は2時間スペシャルのクオリティーがいつも映画並なので、この映画もスペシャルで良かったんじゃないかなーと思う。前作は都のマラソン大会が主題だったから大規模な撮影が必要→映画という流れになったのもうなずけるんですが、今回の映画は事件の規模的にはそこまで大きいものでもないので。十分おもしろかったけど。

| 映画 | 01:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:09 | - | - |