カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
新しい記事
カテゴリ
ごあいさつ
 マツバラです。
 コメントは書き込めないようになっているので、こちらからどうぞ。

マツバラアンテナ
マツバラツイッター
お仕事
リンク
フミンフキュウ.
自宅です

2次元ラジオ
しゃべってます

モバイル
qrcode

フミン・ブログ

「フミンフキュウ.」のブログです。
<< 近況 | main | Steins;Gate >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画近況

 いろいろ見たので、いろいろ書きます。


『アリス・イン・ワンダーランド』
 不思議の国のアリスの13年後の話。アリスが顔色悪くてかわいい。お城のお堀にはねられた首がいっぱい浮いてるところと、従者のカエルがアップになるところと、バンダースナッチに乗って走るところが好き。

『月に囚われた男』
 未来。月の裏側で見つかった新資源の採掘場で、一人きりで働く男が、地球への帰還を間近にして事故に遭って……という話。これすんごいおもしろい! 孤独感と絶望感がすごくて息苦しいくらい。おすすめです。男を支援する機械の声がケビン・スペイシーで、それもいい。

『第9地区』
 おんもしろい! “エビ”と呼ばれる宇宙人と人間の話。エビの武器えげつないなぁー。なんか見ててすごくスカッとする映画だった。

『プリズン211』
 新人の刑務官・フアンが就任前に刑務所の見学に行くが、その日に囚人の暴動が起きてしまい……という話。なんやかんやで暴動のただ中に取り残されたフアンは、囚人のフリをしてボスに取り入り、脱出の機会をうかがうんだけど、どんどん雲行きがあやしくなっていく。「勧善懲悪? 何それ?」という映画。最初頼りないフアンが、修羅場を乗り越えるにつれてどんどんかっこよく見えてくる。登場人物ほぼ男の男くさい映画。おすすめです。

『ザ・テロリスト』
 実家住まいでフリーターのピルが、武装して無差別に人を殺しまくる映画。殺人前も殺人後も、ビルはものすごく普通。そこが怖すぎる。

『リベリオン 反逆者』
 クリスチャン・ベール主演の近未来アクションもの。争いが起きるのは人間に感情があるせいってことで、感情を抑制する薬を打つことが義務づけられた独裁国家の話。主人公が対拳銃戦に特化した「ガンカタ」っていう武術を使って戦うんだけど、それがものすごくかっこいい。 ポーズとか真似したくなっちゃう。

『クラバート 闇の魔法学校』
 ハリー・ポッター的なものかなーと思ってみたらとんでもない鬱映画だった。風車小屋に集められた12人の少年青年たちが闇の魔法使いの生け贄になる話。一応ハッピーエンドなんだけど、説明が少なすぎて始終頭から「?」が出てた。せめて主人公がもっとかっこよけりゃなー。

『男と女の不都合な真実』
 ずっと前にテレビで映画評論家の人がべた褒めしていたので見てみた。結果、おもしろかった! 最初はアビーもマイクも、「どっちもやな奴だなぁ」と思いながら見てたんだけど、どんどん好きになっていった。ラブストーリーなんて見てらんねぇ! という方にもおすすめ。

『インビクタス 負けざる者たち』
 南アフリカでネルソン・マンデラが大統領になってすぐのラグビーのワールドカップにまつわるあれこれ。泣いたわー。モーガン・フリーマン出てくるとすぐ涙腺開いちゃう。マット・デイモンがラグビーチームのキャプテン役なんだけど、ムチムチしててかわいい。

『バイオハザード掘
 テレビでやってたやつ。アリスが砂漠でドンパチやらかす話。オープニングのクローンアリスが切り刻みレーザー避けるシーンがいちばんかっこよかった。

| 映画 | 04:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 04:12 | - | - |